早わかり☆ホットヨガおすすめ6社

トップ > ホットヨガの豆知識 > 正常な位置に内臓を戻すホットヨガは便秘解消にもなる手段

正常な位置に内臓を戻すホットヨガは便秘解消にもなる手段

現代人はパソコンやスマートフォンに接する時間がとても長いこともあり、いつの間にか猫背など姿勢の悪いスタイルを取りやすいです。
常に姿勢の悪い状態が持続をされてしまうと、人間の体内ではその状態に内臓器官も合わせてしまうので、正しい内臓の位置から外れてしまいます。
人には相談をしにくい女子の悩みのひとつは便秘であり、1週間音沙汰梨なんて当たり前ということもありますが、実は便秘は姿勢の悪さの影響を受けることがあるので要注意です。
背中が猫背状態になったり、首が前に出過ぎる状態は、一見すると全く便秘には関係がないように思えます。
ところが猫背などが続いて内臓の位置が大きくずれるようになると、正常に腸が動かないのでこれが便秘の原因の一つです。
ホットヨガが便秘解消に良い理由として、猫背改善効果もありますし、正しい位置に内臓を戻すことのできるポーズもあるためであり、継続をすることも大切になります。


スタジオヨガを体験をした人であれば、動作の多さやポーズの種類の豊富さには、若干悪戦苦闘をした経験を持つかもしれません。
ですがスタジオヨガレベルの動きの種類がないホットヨガであれば、初心者でも抵抗なく取り組むことが出来ます。
なぜ普通のヨガのような多様な動きの種類がないかですが、まずホットヨガとスタジオヨガは環境が異なりますので、ホットヨガをするスタジオは高温多湿状態です。
その環境下でハードな動きをいくつも行うと、発汗のスピードに水分補給が追い付きません。
こまめに水分を補給していても、高温多湿の中で激しい動きをすると、水分が不足して脱水症状になってしまいます。
だからホットヨガの場合は動作やポーズもそれほど多様ではないものの、ストレッチと呼吸がレッスンをする際のメインです。


張り切ってホットヨガに挑戦をしてみたものの、特に運動習慣がない人の場合は、翌日になったら筋肉痛になることがあります。
起き上がれないくらいのひどい筋肉痛であれば、ホットヨガもお休みをして回復をさせたほうが無難です。
ですが軽度の筋肉痛を感じるレベルであれば、ホットヨガをお休みすることもありません。
むしろ自分の身体に負担のない、気持ちが良いと感じられるポーズを行うことです。
筋肉をほぐすポーズだとか、リラックスができるポーズなどであれば、多少の筋肉痛であれば身体に大きな負担がかかることはないです。
筋肉をダイレクトに使うポーズではなく、筋肉を労わるような優しいポーズをするようにします。
硬くなっていた筋肉は柔軟になりますし、自然に筋肉痛も軽減していきますので、無理をすることはありません。

次の記事へ

PAGE TOP