早わかり☆ホットヨガおすすめ6社

トップ > ホットヨガの豆知識 > 余分な水分の排出を促してむくみケアにもなるホットヨガ

余分な水分の排出を促してむくみケアにもなるホットヨガ

体重が過度の多いわけではないものの、身体にむくみが生じると見た目が太って見えて損です。
お酒を飲んだ翌朝に顔がむくむことは多くの大人が経験済みですが、長時間立ちっぱなしで足がむくんだり、塩分の多い食べものを好みボディラインがむくむこともあります。
お悩みのむくみを改善するために良い方法がホットヨガであり、温かく湿気も多い環境で行うヨガをすることで、体内の余分な水分が排出をされやすくなるためです。
重力があるのが地球であり、その影響を人間は常に受けていますので、重力に従えば余計な体内水分も、巡ることなく末端に溜まってしまうのは自然の流れでもあります。
全身の巡りが悪いままでは、老廃物は流れることはなく、むくみはひどくなるばかりです。
でもホットヨガを行うと血行もリンパの流れもすこぶる良くなるので、体内にある水分は順調に巡り不要な分は出ていきます。


ホットヨガを利用する割合は圧倒的に女性が多いですし、指導をするインストラクターも女性が大半です。
現代ではあらゆることに関心を持ち、健康に良いことやボディラインを整えるのであれば、女性が多くても男性が挑戦をするケースは少なくありません。
その一つがホットヨガであり、男性でもトライをしたいと考えるものの、生徒は女性ばかりであり、女性のインストラクターだけでは敷居が高いです。
ですがこれだけ日本でもホットヨガの良さが浸透しただけあって、スタジオの中には男性インストラクターがいるケースもあります。
インストラクターが男性のレッスンであれば、男性でもホットヨガをすることが気軽になりますし、男性が一人ではない心強さも出てくるのもよい点です。
体の動かし方なども、男性に適したやり方を教えてくれるので、初心者の男性でも無理なく始められます。


人間は普段から無意識のうちに呼吸をしていて、順調に息をすることで健康的な毎日を送っています。
呼吸に関心を持つことは健康にプラスになることであり、ホットヨガをする際にも呼吸は大切なポイントです。
胸式呼吸は自然に誰もが行う呼吸方法ですが、腹式呼吸は腹部の深いところからの呼吸になります。
胸式呼吸と腹式呼吸を使い分けて行うのが、呼吸法も意識をするホットヨガです。
体を鍛えるときやヨガポーズをとる時には、交感神経を刺激する方法の胸式呼吸を使います。
腹式呼吸は副交感神経への刺激をしますので、緊張感のある状態を解放させる、クールダウンの時や瞑想の時に利用をするのがぴったりです。
正しい呼吸の仕方も同時に教えてもらい、身につけていくことが出来ますので、自分の呼吸の癖なども知る良いきっかけです。

次の記事へ

PAGE TOP